法人が購入代金を支払う際には、現金(銀行振り込みも含む)や手形による支払いに加えて、カード決済(口座引き落としも含む)を用いて行う場合があります。後者の代表例がクレジットカードやデビットカードです。どちらもカードを利用するから同じ仕組みでは?と思うかもしれませんが、全く違うのです。ここではその違いやメリットとデメリットなどをお伝えし、法人デビットカードを選択する際のお役に立てたらと思います。

法人クレジットカードの場合

法人クレジットカード決済の仕組みについて

法人クレジットカードを利用すると得られるメリットやデメリット

法人クレジットカードを利用する上でのリスクとは?

代金を支払う時の選択肢が少なさ

個人用クレジットカードの支払いと言えば、一括を始め複数の支払い方法から自分に合った物を選択できるのが一般的です。それに対して法人用のクレジットカードはこうした支払いの選択肢が用意されておらず、一括に限定されてしまうことが多いと言われています。これは支払いに対するメリットやデメリットが主な理由です。 クレジットカードの分割は、文字通り金銭的に余裕が無く1度で全額清算できないケースで利用される支払い方法になります。会社の経費で支払いをする法人の場合、よほど高額な買い物でもない限り一括清算が可能なのでリボや分割という選択をする必要がありません。そのため、不要なサービスとして最初から用意されていないのです。 経営事情で予算に余裕がないという会社がカードを作るときはこの点に気をつけなくてはいけません。

数字上での支払いによる散財

法人用に限らず個人としてクレジットカードを所有する場合にも共通する物として、使い過ぎによる支払いのトラブルが挙げられます。法人デビットカードのように、その場で銀行口座から引き落とされる場合は残高が無ければ購入することはできませんが、クレジットカードは後払いが基本となるのでその時点で残高に余裕が無くても購入が可能です。 中には経費に対する支払いの割合を考えずに購入をしてしまった結果、会社の利益が赤字になってしまうというケースも少なくありません。手続きをする人間と経費を管理している人間が別々の担当者の場合にこうした支払いのトラブルが起こりやすくなります。法人用クレジットカードを利用する時は、商品の値段だけでなくその後の返済についてのシミュレーションを行うことが大切です。

法人デビットカードの場合

法人デビットカード決済の仕組みについて

法人デビットカードは、通常のクレジットカードと同様に各種商業施設での支払い時に利用できます。通販サイトでカード決済を選択した折にも有用です。但し、支払いの仕組みはクレ…

法人デビットカードを利用すると得られるメリットやデメリット

法人クレジットカードを持つときには審査をしないといけません。審査に通過しないと法人クレジットカードを使う事ができないのがネックです。また審査に時間がかかってし…

法人デビットカードを利用する上でのリスクとは?

法人用のデビットカードを利用する場合、どのようなリスクが考えられるでしょうか。それは、万が一、不正利用されてしまった場合に口座から現金が一瞬でなくなるというこ…

現金と同じ感覚で使いすぎの心配がない法人 デビットカード!

法人 デビットカードは、法人が利用する決済方法の一つです。クレジットカードは期日に一括、又は分割払い等で支払いますが、デビットカードは購入の都度指定口座から引き落とされ、残高以上の使い過ぎは起きません。

© Copyright Corporate Debit Card. All Rights Reserved.