法人クレジットカード決済の仕組みについて

法人クレジットカードの決済の流れ

現在は多くの人が個人用のクレジットカードを所持しています。このクレジットカード、法人用のタイプがあることをご存知でしょうか?決済のおおまかな流れは個人用と同様です。例えば何か消耗品を購入する際、法人用クレジットカードでカード払いにすれば、後日指定口座から代金が引き落とされます。似たものとして法人デビットカードがありますが、これは購入時に即時指定口座から代金が引き落とされるという違いがあります。 決済の流れの中で1つ特徴を挙げるとすれば、カードによって使用したタイミングから引き落としのタイミングまでの期間が長く設定されていることです。法人クレジットカードにはさまざまなメリットがありますが、キャッシュフローに余裕をもたせられるという利点があります。カードの決済後、実際の支払いまでどのくらいの期間があるのかは、このキャッシュフローに大きく関わってきます。

法人クレジットカード決済でキャッシュフローの悩みを解決できる

企業のキャッシュフローとは、つまり企業の中の現金の動きです。企業が自社の商品・サービスを販売する場合、売上がすぐに全て現金で入ってくるとは限りません。売り掛けにしている分が多ければ、締め日以降相手に請求し、支払期日までに相手が滞りなく支払って初めて現金が入ってきます。ただし、相手からの支払いが完了する間にも、企業の経費は掛かります。すると、売上はあるものの、手元に現金がないため、企業がさまざまな支払いに対応できなくなる可能性があるのです。

しかし、法人クレジットカードは、使い方によっては決済日から引き落とし日まで、1ヶ月半~3か月後の期間を空けられる場合もあります。引き落とし日を可能な限りあと倒しできれば、現金を手元に残して置けるため、キャッシュフローにも余裕が出るのです。

© Copyright Corporate Debit Card. All Rights Reserved.