法人デビットカード決済の仕組みについて

口座に預金が残っていなければ決済できない

法人デビットカードは、通常のクレジットカードと同様に各種商業施設での支払い時に利用できます。通販サイトでカード決済を選択した折にも有用です。但し、支払いの仕組みはクレジットカードと異なっている部分があるため注意しましょう。一般的に、法人デビットカードで商品・サービスを購入した場合、購入と同時に銀行口座の預金残高から代金が引き落としされます。要するに、購入を決めた時点で十分な預金が口座に残っていなければ、法人デビットカードは使えません。尚、銀行口座に入っている預金が担保となるため、発行時の審査がありません。審査用の書類を準備・提出する必要がない上に、利用申し込みを済ませた直後にカードが発行されます。

海外出張の際にも役立つ

急遽、海外の出張先において現地の通貨で決済しなければならない場面で法人デビットカードが重宝します。法人デビットカードの機能は、国内だけでなく、海外でも利用できるケースが一般的です。いずれのエリアにおいても、法人デビットカードを利用すれば、ATMから現地の通貨で現金を引き出せます。但し、預金口座に残高が足りていない時には、引き出しができません。取引する金額が大きい法人の場合、知らず知らずの間に引き落としが嵩み、予想外に残高が急減していることもあるでしょう。大半のカード会社は、口座の利用状況の確認に役立つアプリを提供しています。定期的にアプリにアクセスし、残高を把握しておきましょう。海外出張の前に入金しておくことによって、大口顧客と繋がるチャンスが増えるのではないでしょうか。

© Copyright Corporate Debit Card. All Rights Reserved.