法人デビットカードを利用すると得られるメリットやデメリット

審査なし事務処理コストも軽減可能

法人クレジットカードを持つときには審査をしないといけません。審査に通過しないと法人クレジットカードを使う事ができないのがネックです。また審査に時間がかかってしまうのもデメリットです。法人デビットカードの場合は与信審査がないものもあって、多くの企業が使う事ができます。また法人デビットカードは即日決済をする事ができるのもメリットです。クレジットカードは後払いが基本になっているので、後から事務処理をする必要があります。毎回クレジットカードを使った後に事務処理をするので非常に大変です。経理のコストも掛かってしまうので注意しておきましょう。法人デビットカードなら即日決済なので事務処理の負担を大きく軽減できます。

発行枚数や複数枚発行で年会費がかかる

基本的に法人デビットカードは年会費が無料のものがほとんどです。ただ条件があって、少量の法人デビットカード発行のみ年会費が無料です。複数枚の法人デビットカードを発行してしまうと1枚に付き1000円程度の年会費がかかってしまうので注意しておきましょう。複数枚発行をするのならコスト面を考えて発行枚数を調整するとよいです。法人デビットカードは発行枚数に上限があるので注意が必要です。例えばある法人デビットカードでは発行枚数が最大10枚に限定されています。それぞれのカードにより発行上限枚数は違います。どれくらいカードを発行してほしいのか考えてカード発行会社を選びましょう。同時に年会費のチェックもしておくと安心です。

© Copyright Corporate Debit Card. All Rights Reserved.