法人クレジットカードを利用すると得られるメリットやデメリット

処理方法と年会費の違い

法人デビットカードは法人の銀行口座を持っている方だけが利用できるものです。基本的にデビットカードはクレジットカードとは違い後払いができません。即引き落としになる仕様です。また口座の残高分のみ利用できる仕様です。即日決済をすることができるので後払いの手間がかからないのが強みです。すぐに決済ができれば事務処理を一気に軽減することができます。未払金が発生しないのでクレジットカードのように毎回未払金の処理をしなくてもよいです。 基本的に法人デビットカードは年会費が無料なものが多いですが、クレジットカードの場合は年会費がかかるものが多いというデメリットがあります。また法人デビットカードはカード発行まで時間もかからずすぐに手に入れる事ができますが、法人クレジットカードは審査に1か月程度かかるとされています。

資金繰りの違いとポイントが付くかどうか

法人デビットカードのメリットは即決済処理をすることができる部分です。ただこれは時期によってはデメリットにもなるので注意が必要です。例えばお金がたくさんかかる時期に法人デビットカードで支払いをしてしまうと口座残高が不足してしまいます。お金を支払うことができなくなってしまうので注意が必要です。資金繰りが大変になると会社は一気に傾いてしまいます。基本的に法人デビットカードは資金が充実している会社に向いているでしょう。 クレジットカードの場合は利用をするとポイントが付きます。法人デビットカードはクレジットカードではないので、使用してもポイントが付かないものが多いです。キャッシュバックがあるカードもありますが、バック率はクレジットカードと比較すると低いです。

© Copyright Corporate Debit Card. All Rights Reserved.